サイトマップ

各ページの冒頭等をかいつまんでご紹介しています。

薬学部卒業ドットコム トップ
このサイトのトップページ
念願の薬学部に合格した皆さん、薬学生としての毎日はいかがですか?
薬学部の現状
なぜ今、薬学生にプロの家庭教師が求められているのでしょうか。
その答えは、薬学部を取り巻く制度の激動と薬剤師像の変容にあります。
このままで大丈夫かなと不安になったら
単位が足りない、留年をしてしまった、CBTが不安、卒業できない、国家試験の対策方法がわからないなど、ウェルズには、多くの薬学生から様々なお問い合わせをいただいています。
こんな人が危ない 薬学部で苦労する人の特徴
憧れの薬学部に入ったものの、1年生の前期から必修科目を落としてしまう人もいます。
どうして必修科目が取れないのか。どうして留年してしまうのか。
薬学部で苦労する人の傾向を見てみましょう。
入学前教育
受験生活が終わって、晴れて薬学部への合格も決まり、ほっとしているあなた。
受験終了後から大学入学まで、どのように過ごす予定でしょうか。
薬学部専門家庭教師のすすめ
絶対に薬学部を卒業したい!
薬剤師国家試験を一発で合格したい!
そんなあなたには、プロの家庭教師をお勧めします。
指導例
ウェルズのカリキュラムは、家庭教師ならではの完全オーダーメイド。
一人ひとりの状況に合わせたきめ細かな指導を行います。
薬学部関連では、下記のようなコースが想定されます。
講義補習サポート
薬剤師になるためには、共用試験や卒業試験、国家試験に合格することが必要ですが、まずは学期ごとの単位を確実に取得しなくては、進級や卒業が危なくなります。
進級対策
薬学部に6年制課程が導入され、学生が苦労しているのが進級試験対策です。
長期実務実習を実施する5年次への進級率が8割を切る大学も少なくなく、いかに多くの学生が留年しているかがわかります。
GPA対策
近年、大学生の成績を評価する際に、国際的な学業成績評価方法であるGPA制度を導入する大学が増えています。
GPA(Grade Point Average)とは、履修登録した科目毎の評価を成績ポイントに置き換えて単位数を掛け、その総和を履修登録単位数の合計で割った平均値です。
共用試験対策
6年制の薬学科では、5年次の参加型実務実習が必修となっています。
これは、学内における1ヶ月以上の実務実習事前学習のあと、病院および薬局においてそれぞれ11週間行う長期実務実習です。
卒業試験対策
薬剤師国家試験の新卒合格率が高い大学というのは、見栄えが良いものです。
6年制課程に進学する受験生は薬剤師を目指しているケースが殆どですので、薬剤師になるために必要不可欠な国家試験の合格率は、受験生にとって大学を選ぶ際の目安となるでしょう。
薬剤師国家試験対策
●試験の概要 ●出題範囲 ●合格基準 ●国家試験突破のために
指導の対象となる学生
高校までの学習範囲や現在の苦手な科目など、薬学生の状況は個人によって大きく異なります。
家庭教師のすすめ
私たちは一人ひとり違う人間ですから、「わかりやすい」と感じる勉強の仕方も異なって当然です。
お問い合わせ
1975年からプロの家庭教師を紹介しているウェルズでは、「指導方法や費用などにご納得いただいた上で入会していただく」とのポリシーのもと、実際に指導あたる家庭教師が入会前に必ず面談・体験指導に伺っています。
指導開始までの流れ
家庭教師紹介までのプロセス
お問い合わせ→打ち合わせ→教師選考→面談・無料体験指導→ご入会・契約→指導開始
無料体験
ウェルズでは、薬学生の皆さんに家庭教師による個別指導のメリットを知っていただくため、無料体験指導を実施しています。
Q&A
Q1 指導はどこで行うのですか?
Q2 どのような教材を使うのですか?
Q3 どのくらいの費用がかかるのですか?
ページ上部へ

ここから先はウェルズグループの外部サイトへのリンクバナーです