卒業試験対策

薬剤師国家試験の新卒合格率が高い大学というのは、見栄えが良いものです。

6年制課程に進学する受験生は薬剤師を目指しているケースが殆どですので、薬剤師になるために必要不可欠な国家試験の合格率は、受験生にとって大学を選ぶ際の目安となるでしょう。

しかし実際は、国家試験の合格率を高く保つため、国家試験の前に厳しい卒業試験を課し、そちらに受からなければ留年=国家試験を受けさせない、という措置を取っている大学が多いのです。

大学によっては、「国家試験よりも難しい」と言われる卒業試験。

卒業試験に落ちて留年することにならないよう、しっかりと卒試対策をしましょう。

ご相談には、
「薬学部6年に在籍している学生です。昨年度行われた卒業試験に落ち留年。
薬学部卒業試験対策(卒試対策)に手助けできる家庭教師の紹介はありますか?」とか、「薬学部2年生です。 主に授業の補習、テスト対策、及び卒試対策。 後々の共用試験や国家試験につながるような場合でも対応していただけるのでしょうか? 」など、通常の進級対策だけでなく常に卒試対策を意識し、お訊ねいただいております。

ページ上部へ

ここから先はウェルズグループの外部サイトへのリンクバナーです