講義補習サポート

薬剤師になるためには、共用試験や卒業試験、国家試験に合格することが必要ですが、まずは学期ごとの単位を確実に取得しなくては、進級や卒業が危なくなります。

現在、ウェルズでは、化学が苦手な薬学生の講義補習サポートを数多く行っています。

薬学部生にとって化学は避けて通れない科目ですが、高校までに履修していないという学生も少なくないのです。

普段の勉強をわからないままにしておくと、後の試験の際に大きなハンデとなってしまい、留年や国家試験浪人ということにもなりかねません。

1年生や2年生の時から必要な講義サポートを受けることで、薬学部卒業に必要な地頭力を身につけましょう。

ご相談でも
「薬学部2年を単位不足のため留年してしまい、有機化学、物理化学等の単位を再履修する必要があります。 有機化学の中間試験が5月にあり、その他7月から前期試験が始まります。まずは前期に2教科を確実に取りたいと思っています。 」

とか
「薬学部在籍。 物理と数学(微積)ができず困っています。 テスト対策と授業・講義の補習をお願いしたいです。 」


「薬学部生です。 有機化学、薬用植物、化学結合論など、 進級に関わる単元の指導中間、定期テストの対策で困っています」

「薬学部生(1年)の後期専門科目全般、講義補習、中間や定期テスト対策、進級(単位、GPA)対策指導は、出来ますか。」

「子供が薬科大学薬学部の1年です。指定校推薦での入学です。 高校時代から化学、物理が苦手のようでした。大学の講義のほとんどが化学系で、定期の前期試験も、再試でもほぼ全滅でした。講義はまじめに聞いてもなかなか理解できないようで勉強の方法に悩んでいるようです。」

ページ上部へ

ここから先はウェルズグループの外部サイトへのリンクバナーです